harakucom’s blog

アラフィフおっさんのサーフィンについてあれこれ

波について

サーフィンをする前に座学として波のことを理解しておくと上達が早いと思います。


近年のウエイブプールで練習するのでなければ、同じ波に乗って繰り返し練習することはできません。


初心者や上達に悩んでいる方は、まず波がどのようにできて、どの位置に乗るのか、ロジックを理解してください。


波のパワースポット、パワーゾーンが理解するとロングライドにつながります。


ロングライドができる=長く練習できる→上達する。です!

 

波が起こる原理、海岸で立ち上がる仕組み、地形による違いなどつらつらと書いていきます。

 


波が起こる原理

気象庁「風浪とうねり」によれば

海上で風が吹くと、海面には波が立ち始め、立ち始めた波は風の吹く方向に進んでいきます。
波が進む速さ(以下、波速)より風速が大きければ、波は風に押されて発達を続けます。
このように、海上で吹いている風によって生じる波を“風浪”と呼びます。
(中略)

一方、風浪が風の吹かない領域まで進んだり、海上の風が弱まったり風向きが急に変化するなどして、
風による発達がなくなった後に残される波を“うねり”と呼びます。
(中略)

うねりは風浪よりも波長や周期が長いために水深の浅い海岸(防波堤、磯、浜辺など)付近では海底の影響を受けて波が高くなりやすいという性質を持っています(浅水変形)。
そのため、沖合から来たうねりが海岸付近で急激に高波になることがあり、波にさらわれる事故も起こりやすいので注意が必要です。
(中略)

海の波は風浪とうねりが混在しており、それらをまとめて“波浪”と呼んでいます。
(引用ここまで)

 

波は風が起点となり、同じ方向に拭き続けた風によって海面が揺さぶられます。


その揺れの振動が重なり、風浪が起こります。


風浪からうねりになるときに波のエネルギーが円運動として変換されて、はるか遠くまで伝わります。


ハワイのノースショア(オアフ島北西部)にビッグウェーブが届くのはよく知られることですが、その波の起点が日本の北風というのはサーファー以外は知らないことが多いです。


日本が冬型の気圧配置(西高東低)になると、日本海側から太平洋側へ強い北風が長く拭き続き、そのエネルギーがうねりとなってハワイに届くのです。